かげといろ

橋、夜景、風景を主に撮っています。千葉、東京、神奈川県が多め。旧津久井郡と八王子がホームタウン

新宿の街並みと夜景|「絞り」についても写真の作例で学ぶ

f:id:yomogimo:20180617214105j:plain

こんにちはなか(@naka_yomogi)です。夜景を撮ろうと都庁の展望室へ行きました。そのとき新宿の街を歩いたスナップ写真です。

Contents

 

新宿駅・新宿の目

f:id:yomogimo:20180617214023j:plain

f:id:yomogimo:20180617214342j:plain

新宿の目はインパクト大ですね。

どこかのサイトでモノクロの写真を見かけて、真似したいと思っていたので念願叶いました。

 

新宿駅周辺の街並み

f:id:yomogimo:20180617214702j:plain

f:id:yomogimo:20180617214726j:plain

顔が分かっちゃうかなという方もいたので一応モザイク。問題があれば消します。

f:id:yomogimo:20180617214812j:plain

f:id:yomogimo:20180617214907j:plain

 

新宿の夜景

都庁展望室から

f:id:yomogimo:20180617213754j:plain

f:id:yomogimo:20180617215017j:plain

 

都庁前広場

ここの写真のみNikon D7200 で撮影。

f:id:yomogimo:20180617215509j:plain

f:id:yomogimo:20180617215146j:plain

f:id:yomogimo:20180617215412j:plain

 

「絞り」とは?一眼レフ初心者に向けて簡単に解説

絞りを学ぶ為に色々設定を変えて撮りました。

F値とも呼ばれるもので、

F値を下げる = 絞りを開く 明るくなりピントが合う範囲が狭い

F値を上げる = 絞りを絞る 暗くなりピントが合う範囲が広い

というヤツです。

ちなみに「ピントが合う範囲」は「範囲被写界深度」と呼ばれます。

f:id:yomogimo:20180617215326j:plain

F値3.5 / SS1/40秒

開放気味。ぼやっとしてます。明るいのでSS(シャッター速度は早めでOK)

 

f:id:yomogimo:20180617215246j:plain

F22 / SS6秒

極端に絞ってみました。絞ってピントが合う範囲を広げたはずですが、こちらもぼやっとしてますね。

この絞りすぎると却ってぼやけてしまうことを「回折現象」と呼びます。

 

f:id:yomogimo:20180617214105j:plain

F14 / SS4秒

こんどはパリッとした画が撮れました。満足です。
この時の適正F値は14ということでした。

F値が高い(絞っている)写真ほど、ライトから線が伸びてトゲトゲになっています。

これは「光芒」といいます。これは別にカメラ用語ではないです。そのまま光の筋のこと。僕はこの光芒がギラギラしている方が見た目が派手なので好みです。

 

新宿駅

f:id:yomogimo:20180617215558j:plain

f:id:yomogimo:20180617221425j:plain

f:id:yomogimo:20180617221457j:plain

f:id:yomogimo:20180617221530j:plain

 

さいごに

都庁展望室からの夜景は D7200 でも撮影したのですが、反射の映り込みを防ぎきれずにボツにしています。

同じ日の昼間にNDフィルターとPLフィルターどちらを買うか迷ってNDフィルターを購入したのですが、早くもPLフィルターも買っておけばよかったと思ってしまいました...

 

東京都の中でも都庁があり中心的なエリアの新宿は常に人でにぎわい特徴的な建物もあってスナップに向いていると思いました。

 

使用機材

Canon G7X MarkⅡ

Nikon D7200